『ネクスト・安室奈美恵』が北関東にいた件

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

いよいよ来週に安室奈美恵が引退しますね。一応、WOWOW契約してるんで録画する予定です。

個人的には安室奈美恵の大ファンってわけではありませんが、同郷の先輩でもあるし尊敬できる偉大な人なので引退は少々残念です。

ここで少々と言ってるのは、生意気ですが近年の安室奈美恵はやはり歌唱力が落ちていると感じるからです。
ダンスに関しても正直、バリエーションが少ないように感じていました。

まだまだ、引退は早いとファンや世間は思っているようですが、私的には、ここがベストタイミングだと思います。

古くは王貞治だって、千代の富士だって、まだタイトル取れたり優勝できたりする事はできたことでしょう。しかし、自分の中の合格ラインより下回ったから引退したはず。

だって王貞治なんて引退の年、本塁打30本打ってるんだぞ!(笑)

安室奈美恵も多分、ジャンルは違うが上記の一流アスリートたちと同じ考えじゃないかなと思ってしまう。

で次に私が気になるのは『ネクスト・安室』は誰になるのか?

もうすでに業界ではネクスト・安室奈美恵を探している?もう仕込んでいる?のかな…。

今回は私的オススメの方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【スター候補が北関東にいたぞ?!】

初めてRIRIの存在を知ったのは、お昼のラジオでした。
喋ってる声を聴いたら、初めはローラ?かなと思ってしまいました。ちょっと似てる。

ただ、会話をしばらく聴いてるとトンチンカンな事言ってなかったのでローラではないなと(笑)

最近多いハーフor海外育ちで英語がネイティブかと思いきや、群馬出身の純粋な日本人でした。その割には英語がうまい。かなり努力してる印象です。

話を聞いてると、母親が熱狂的な洋楽ファンで幼い頃から洋楽ばかり聴いて育ったそうですね。そのような環境もあり、自然と歌う事と洋楽に興味を持つようになったらしい。

まあ、ここまでのエピソードはありがち。

だってこの子が今18才って事は、母親は38~50才くらいでしょう。その世代なら洋楽バリバリ聴いててもおかしくはない。

で肝心の歌はどうなの?って思って聴いていたら…。

めちゃくちゃうまいw!!

びっくり。

ラジオだったので、どんなルックスしてるのかすぐ気になって検索したら、ルックスもなかなかキュート(私は何様なんだ?)

で将来のビジョンもしっかりしてる!

初めから世界標準を目指しているのも挑戦的で好感がもてる!やはり幼い頃から洋楽に聴いてきたから親近感があるのでしょうね。

楽曲もかなり洋楽を意識した作りになっているし、もう既に一部からは『和製・アリアナグランデ』と呼ばれているそうです。

正直、ルックスでいえば安室奈美恵の圧倒的感には劣りますが、今の日本も世界も流れ的にいい意味で親近感のあるルックスな人でもスターになってるし、おおいにチャンスはあると思います。

また活躍できる要素としては、懐古主義?と言われそうですが、今の洋楽のトップシンガーはマライアキャリー・ホイットニーヒューストン時代の圧倒的歌唱力があるわけではないし、このRIRIなら今のトップ(アリアナ・ガガ等)と張り合えそうです。

だって今やKポップがアメリカで受けている時代ですよ。15年前なら誰も予想してないでしょ。

この流れはジャンルは違いますが、ボクシングで例えるなら、フィリピン人のパッキャオが本場のアメリカで人気がでて、その後軽量級やアジア人に関心が向けられて、井上尚弥登場!みたいな(笑)

現時点では、まだユーチューブの再生回数は少ないですが、もしかしたら日本よりも先にアメリカで人気出て逆輸入的なシンガーになる可能性も。

安室奈美恵はアジア止まりのスターでしたが、次のスターは世界規模で活躍するシンガーが『ネクスト安室』になると思います。

まあ、今安室奈美恵が10代ならRIRIと同じく世界基準を目指していたんでしょうけどね~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする