憧れの!フィンランドのベイビーボックスが日本からも買える!しかもムーミン!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

フィンランドでは赤ちゃんが産まれると、KELA(フィンランドの社会保険庁)から育児パッケージが支給されます。

0歳~1、2歳くらいまでに必要なベビーアイテムやベビー服が50点も詰められ、さらに外箱自体がベビーベッドにもなる。しかも!北欧デザインでかわいい!(重要!)

実は日本からでも購入できるんです!1人目の時に知っていたら・・・!!

今後、出産祝いを渡す時があれば選びたいと思い調べてみました。

(ライター:まきの)

スポンサーリンク

ベイビーボックスを販売するのは、フィンランドの3人のパパたち

北欧では、社会福祉が充実し、出生率が高く、女性も働きながら出産・育児ができる環境で、男性も育児休暇をとり育児に参加する、というイメージがあります。

ベイビーボックスは、フィンランド政府がフィンランドの親のために支給するもので、国外へは販売されていませんでした。

フィンランドの育児支援が知られると、世界中からベイビーボックスが欲しいとの声が上がったそうです。そこで、海外へベイビーボックスを販売しようとFINNISH BABY BOXという会社を立ち上げたのが、フィンランドの3人のパパたちです。

そのサイトがこちらフィンランドから届くムーミンのベイビー・マタニティーグッズ!

サイトは、日本語で表記されているので安心です。

中には何が入っているの?

赤ちゃんが産まれたら必要なものが全部入っている!らしいのですが、いったい何が入っているんでしょうか?

オリジナル版とムーミン版があります。

マットレス、シーツなど寝具類。ボックスをベッドとして使用するんだそうです。

ロンパースやボディースーツ、外出用オーバーオールなどベビー服。
赤ちゃんは何か月かということで、サイズが違ってくるのですが、外出着のサイズがきちんと選べます。日本と気候が違うのが気になるところですが、こちらも冬は0度以下、0~10度、10度以上と選ぶことができます。

お風呂の温度計、ヘアブラシ、爪切り、よだれかけ、哺乳瓶などお世話グッズも。

51種類のベビー用品が入っています。

気になるお値段は?配送料は?関税は?

さて、気になるお値段ですが、オリジナル版が¥54,000、ムーミン版が¥69,000です。

ちょっとお高いですが、赤ちゃん本舗や西松屋でも、いろいろ揃えていくとこれくらいは結局かかると思います。
安い肌着や服は洗濯ですぐ伸びたり・・・

かわいいベビー服をみたら、ついつい買ってしまうんですから最初からかわいいお気に入りでそろえた方が得策かもしれません。

送料・関税は、なんと無料です!

関税は商品の受け取り時にいったん請求されるかもしれませんが、お店に連絡すると返金してくれるそうです。

もう子供が歩き出しちゃった!もっと早く知ってればという人に朗報!

1~2歳児用ボックスもありました!

北欧で高品質・高機能な子供服で知られる大手メーカーReima(レイマ)と協力して作られた物だそうです。

身長と性別を選ぶことができます。

お値段は36,900です。

何人かで出産祝いを渡す際にもいいですね。

男の子用。写真をクリックするとサイトへとびます。

かわいいフィンランドのベイビーボックス、自分でも、プレゼントでもお勧めです。

日本でもここまでとは言いませんが、子育てしやすい環境になってほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする